2015年12月31日木曜日

人生の新しい章がはじまった年


人生の大きな決断をした年でした。
13年続けた、キャラクター商品のデザイナーを今年の春に辞めました。
そんな日が来るなんて、思いもしてなかったのに。


子供の時からキャラクタ−が好きで
小学生の時はサ○リオ、高学年になるとセ○ミストリートへ
中学生になってソニプラで扱っていた海外キャラクターへ
高校生になってまたサ○リオに戻り・・・
大学生になってサン○ーバニーとピ○チュウの虜になりました。

ぼんやりグラフィックデザイナーかアニメーターという職業に就きたいと思っていたので
芸大へ行きグラフィックとプログラミングを学びましたが
アニメーションを作る作業は自分には向いていないとわかって(C言語が全く身にならなかった。。。)じゃぁグラフィックデザイナーしかないよね、でもあまりピンとこない・・・
そんな、おっとりした感じのまま就職活動をする時期になり、初めてキャラクター商品の
デザインをする職業があると知ったのです。

本当に今振り返っても、ラッキーだったとしか言いようがないのですが
(入社式でも「君たちは、ただラッキーだっただけです」とコメントを頂きましたが)
当時サン○ーバニーのアート開発や商品を作っていた会社へ入ることができました。
ただ、配属された部署はピンクのクマの部署でした・・・。あれ?想定外w

今だから言える事ですが、その部署には、業界の巨匠とも言える方がいらして
本当にあの部署に配属されて良かったと心の底から思えます。
人生観が変わるような、師匠と呼べる方に出逢えたからです。
(私にとってのヨーダみたいな方です。女性ですけど。)


会社を辞めた後も、フリーのデザイナーとして可愛がって頂き、育てて頂き
楽しい仕事を沢山沢山ご一緒させて頂きました。
そんな大好きな世界のお仕事を辞めてしまうのは、本当に後ろ髪引かれる思いで
今まで積み上げて来た事を手放す事は、本当に淋しく勇気が必要な事でした。
ただ、今の自分にいちばんフィットしていてチャレンジしたい事は
現状のままでは出来ないと分かっていたので、思い切って区切りをつけました。

この業界で最後に担当させて頂いたのは、昔から好きだった絵本のキャラクター。
和柄のような、洋柄にも見えるような、花柄にして欲しいというオーダーを頂き
お花を描いて、お皿のデザインをさせて貰いました。
私の卒業に花を持たせて頂き、本当に嬉しかったです。ありがとうございました!


そんな感じで、短い期間ではありましたが、とてもとても濃厚な
私のキャラクター商品デザイナーの人生に幕がおりました。
最後に、ネコのトムにお花を添えさせて貰えた事、本当に嬉しかった!!!


これから先は「MarMu」もしくは「あらんゔぇ〜る」として、大好きなキャラクターから
コラボのお話が頂けるように頑張りたいと思っています!

結局、心はまだまだ卒業出来る気配ナシw

0 件のコメント:

コメントを投稿