2016年10月28日金曜日

Pénélope au Louvre @ amuco.の本棚


グラフィックデザイナーで着物デザイナーのamuco.です。

「デザインソースって何ですか?」「アイディアソースって何ですか?」
と聞かれる事が昔から度々あるのですが・・・
一貫して私のテーマは『Fancy is Magic』なのです!

(たまにダークファンタジーの世界へ行ってしまうこともあります・・・笑w)


いつから、どうして、そうなったのか思うと・・・
長年チェックしてるのって絵本なんですよね。あと海外アニメーション。

(もちろん他にも色々とnot ファンシーもチェックはしていますが・・・♡笑)

amuco.の本棚で、私の『Fancy is Magic』をご紹介したいと思います。



色使いとか、テンポとか、画の切り取り方とか、レイアウトとか
文字の入れ方とか、可愛さの加減とか、シュールさのエッセンスとか!

そういう大好きなモノがギュッと詰まったモノが
私にとっては絵本なんだと思うんです。
そして、それらの世界観が私を通していろんなamuco.物語へ繋がって
絵となりグラフィックとなり、そして、お着物として生まれて行きます♡


今日は「 Pénélope au Louvre 」


ペネロペがルーヴル美術館へ行って、いろいろイタズラをしながら
作品を紹介してくれています!

POP UP絵本って、なんでこんなに楽しいのでしょうかね?
決して子供だけのモノじゃなくって、これは大人だって楽しい!!!


ペネロペは、リサとガスパールの作者さんと一緒なので
絵のタッチや色使いに、見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

リサとガスパールも、あの二人の関係性がとても好きです・・・内容が面白い!
大人にも読んでもらいたいな〜と。

やっぱりちょっとクセがある性格に人間って惹かれるのでしょうか?笑
(リサとガスパールは人間ではないけれどっ)




パリの絵本作家さんと、パリの美術館がコラボした素敵な1冊で
美術館巡りが好きな女子、パリが好きな女子にオススメしたいです♡

色んな細かいところがニクくて、子供だけのモノにしておくのはもったいない世界観!

0 件のコメント:

コメントを投稿