2016年11月6日日曜日

岡尾美代子さんの本 @ amuco.の本棚


グラフィックデザイナーで着物デザイナーのamuco.です。
私の中に流れる『 Fancy is Magic 』がニオイを嗅ぎつけて見つけてくるモノ
大好きなモノ、影響を受け続けている人の作品など、私の世界に存在していて欲しいモノ
それをamuco.の本棚として綴っていこうかと思っています♡



ほぼ日さんのリアル店舗「 TOBICHI 」にて行われていた
日めくりカレンダーBOOK展 』知ったのが遅くって、行けず・・・;

あとから取扱店舗にて、この日めくりカレンダーを購入しました。
スタイリストの岡尾美代子さん、
フォトグラファーの大段まちこさん、
デザイナーの岡村佳織さんの、トリプルコラボによる
キュンキュンする雑貨で綴られる365日の日めくりカレンダー!!!

日めくりカレンダーなのですが、雑貨の写真集と表現した方が相応しいくらい
めくっても捨てられない日めくりカレンダー。
勿体無いよ〜千切るの!


雑貨の物取り感じ、写真の色、余白の使い方、
カレンダーとして構成した際のフォントの選び方、素材のレイアウトの位置。

そういう細かいところ全てが参考になるし、私の好きなテイストだし
見ていて飽きないし、何回もめくって眺めていたい世界が365枚、続いています。



to youだけ、どなたかの手描きなのかな?手描き風のフォントなのかな?
文字の構成に、こういうアクセントをつけるのも大好きです。

温かみや、遊び心が感じられる世界に・・・♡
そういう印象を貰えました♡ほっこり♡

フォントについては、またどこかで語りたいのですが
グラフィックデザイナーはフォントが好きな人が多いと思います。
「絶対音感」ならぬ「絶対フォント感」みたいなのがあるくらい
フォントへのこだわりが強い人が周りに多いです。笑w

文字組み、文字詰め、文字のレイアウトって奥が深いんです。
素敵なフォントを選んだらそれで終わりではなくって、
綺麗に組めないといけないのです。

フォントや組み方にも流行りもあるし。
ちょっと話が脱線しましたが・・・

素敵なグラフィックデザインには、やっぱ文字が要だったりして
素材、被写体、写真、フォント、レイアウト、などなど
全ての要素を素敵に組み上げるのがグラフィックデザイナーのお仕事で
すっごい楽しいお仕事だと思います。

この日めくりカレンダーには、そんな私の大好きなツボが凝縮されていて
買わずにはいられませんでした♡


外箱のシンプルな型押しも素敵です!
箱の質感も好き!


岡尾さんのRoom talkは冬になると読みたくなってくる♡


「ヨーダのお家計画」のページが好きでたまらない。
ファンタジーが詰まってる!!!


このオリーブのムック本は、大学生の時に買ったのですが、しぶとくまだ持ってます。
岡尾さんが集めたオススメの可愛い雑貨がたくさん紹介されていて
マーサ・スチュワートさんや、DEAN & DELUCA、Tse & Tesを知ったのも
オリーブの中のスタイリングであり、このムック本からです。

雑貨の世界の『 Fancy is Magic 』を教えてくださったのは岡尾さんなのです。
こういう大好きな世界観も、私が織り成すモノづくりのエッセンスの1つになっています。

いつか「お着物の楽しさは、MarMuが教えてくれました!」と言って頂けるような
そんな世界を作り続けて行けるように、精進したいと思うのです♡

0 件のコメント:

コメントを投稿